Shallow Ocean’s diary

Asai Umiというものを、ここで表現していきます。

苦労話ほど花が咲く

どーも、こんにちは!

今年の夏、私がやり遂げたことをご紹介したいと思います。

 それは、

富士山の山頂で

ご来光を目に焼き付ける

富士山なんかみんな登ってるし

どうせ自分も登れるやろうと思ってました。

いわゆる、自然をなめてた。

ことの始まりは集合時間の勘違いから

7:05集合を7:30と勘違いし

無駄にタクシーを使う

羽目になったところから始まりましたね笑

そんなこんなで…

9/2 PM18:00 富士登山開始

f:id:shallowocean:20170904122528j:plain

まだこの時はお顔が二人ともお元気ですね笑

やっぱり、私は晴れ女なのでしょうか!

毎回どこに行くにも晴天に恵まれます!

f:id:shallowocean:20170904123127j:plain

左を見渡せば、こんな景色が広がってたり

あ!ここで今回の相方をご紹介しましょう

f:id:shallowocean:20170904124211j:plain

山田 唯(24)通称:ねぇさん

彼女は韓国と日本にハーフで宝塚在住

嫌いなものはパクチーとクサい言葉を言う男

好きなものは茶碗蒸しに入ってる海老と貝柱

最近はまってることは

時代遅れのmixiに投稿をすることと

Snapchatのソーセージで遊ぶこと

f:id:shallowocean:20170904122520j:plain

そして、六合目でこの写真を撮り

(戦場カメラマンみたいになってますが…)

そこから歩いて…歩いて…酸素も薄くなり…

高山病にならないように…深呼吸して

高山病:高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400メートル以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気めまい)である。

ひたすら歩いて…飽きても歩いて…

眠たいけど歩いて…嫌やけど歩いて

f:id:shallowocean:20170904175341j:plain

辺りを見渡すと

ヘッドライトの光しか見えない

真っ暗でしんどすぎて全く余裕がなかった。

とりあえず

早く山小屋に着いて寝る

いち早く大阪に帰りたい

何で山登ってるんやろうしか考えてなかった。

とネガティヴなことしか

考えてなかったUmiに!

やる気の出る出来事が!!!

f:id:shallowocean:20170904122535j:plain

それは、太子館の山小屋で働いてる

友達のエミリに会えたことです☺︎

富士山で働いてる友達ってそういないだろう笑

ほんまに会えてよかったし、よくもあんな過酷な環境で働いてるなと思いました。

f:id:shallowocean:20170904164050j:plain

やっとこさ、白雲荘に到着。定時22:00

2時間睡眠し、比較的おしゃべりの2人だが何も発さず、すぐさま就寝。

そして、2時間後に起床。

その時の体調は史上最悪

(多分テラハのシェリーの10年に一度の病気みたいな感じ)

 吐き気、眠気、体力のなさ、シンプルにやる気がない、いやむしろ山嫌い

リタイヤするか考えた時の会話
ガイドさん:行きましょうね〜
ねぇさん:すいません、ちょっとリタイヤしようか考えてるみたいで…
ガイドさん:リタイヤするなら今決めないと登ってしまったら降りてこれないんでどうします?
Umi:いい…行きます。(超小声)

f:id:shallowocean:20170904164456j:plain

(実際はこれの真っ暗バージョン)

ここまで来たんやったら頑張ろう!と気合い入れた瞬間目の前この光景。萎えた

この道のりをひたすら4時間のぼり…

気を紛らわそうとガイドさん「星が綺麗ですね〜」という言葉も2人は全無視。笑

この時の頭の中は

『休憩したい』

『帰りたい』

『ミルキー食べたい(でもミルキー食べ過ぎてなくなった)』

みんなが杖みたいなやつを持ってたから憧れて途中の山小屋で買ったのに

その時はその杖が一番邪魔で何度捨てたろかと思ったやら…笑

でも!!!『塵も積もれば山となる』

うちらのクソちっさい半歩でも進んでいけばたどり着いたのです!!!!!!!

そう!!!!

山頂ーーー!!!

9/3 AM4:00

そこに広がる景色は…

f:id:shallowocean:20170904122448j:plain

f:id:shallowocean:20170904122547j:plain

f:id:shallowocean:20170904122557j:plain

f:id:shallowocean:20170904122624j:plain

f:id:shallowocean:20170904122508j:plain

「日本は美しかった」の一言でした。

富士山に登った時みんなは見下ろす街を

下界と言う

まるで天国から

見下ろす時に使う言葉のようだ。

これくらい高いところに

登ったからこそ

言える言葉なんだと思いました。

感動してテンションMAXのUmiと裏腹に

一方、ねぇさんは…

f:id:shallowocean:20170904173315j:plain

おい!!!!なに寝てんねん!!!!笑

冬場友達んちきて

「寒いから、ちょっともう寝るわ。」

みたいなノリで言うな!笑

そんなねぇさんを叩き起こして

一緒にご来光を見ましたとさ

f:id:shallowocean:20170904122442j:plain

そして、下山。

f:id:shallowocean:20170904122617j:plain

4時間かかりました。

膝が爆発するくらいやられる。

9/3 AM9:30 五合目到着

帰りの下り坂腹が立つくらい長かったですが、なんだかんだで無事5合目に到着。

ふぅー。一件落着。

あとは帰りの用意して温泉入ってバスで爆睡しようか…と思いきや

やっばり最後までやらかします…

はい。わたくし財布失くしました。

どこを探しても見つからない

警察にも届いてない

チーン。オワタ。

しょげても意味ないから。

もう富士山に寄付したことにしよう。

一万円札も免許証もクレカも

キャッシュカードも寄付しよう。

全てを諦めて、温泉に行き安らぎました。

私は幸運の持ち主なのでしょうか。

ガイドさん:「浅井さんの財布宿にあったみたいなので明日帰ってくる添乗員に持って帰って来てもらってご自宅に送りますね!」

神対応!!!!

やはり

「日本は美しかった。

そう、人も自然も全て。」

f:id:shallowocean:20170904122459j:plain

人生で初めての富士登山

たった二日だったのに

色んなことがありました。

今まで自分はめんどくさがり屋で

中途半端でしんどいことが一番嫌いでした。

でも、富士山を登りきったことによって

成し遂げたって胸張って言えます。

すごいと思うのが

当たり前のことかもしれませんが

あの登山道を全部

自分の足で登ったってことです。

この登山を誘ってくれて

励ましあったねぇさんに感謝したいです。

多分、一生この出来事は忘れません。

だって

苦労話ほど花が咲くから

2017.9.3 富士登山無事生還

Slow Life Style.

こんにちはから始めましょうか。

 

最近、Asai Umiは地元の千早赤阪村に戻って来ました。

 f:id:shallowocean:20170620085949j:image

いいところです。

 

コンビニはないですが…大阪唯一の村です。

 

プーケットから6歳の頃この千早赤阪村にきて

 

もう、16年。

 

早いですね、時間と言うものは。

 

小さい頃はこの村の遠さと何もなさに呆れて

 

正直、大っ嫌いでした。

 

何回、家出を考えたことか。

 

人の考えは5歳ごとに変わるそうです。

 

それが今でしょうか。今ではこの何もなさが大好きです。

 

街にはありすぎるんです。いろんなものが。

 

人や人、ビルとビル。溢れかえってます。

 

 ここにあるものはシンプル。

 f:id:shallowocean:20170620090044j:image

聞こえるのはカエルの鳴き声

目の前に広がるのは生い茂る緑

腹がへれば畑に野菜を取りに行く

 

夕日が沈めば今日も一日終わりという合図。

 

自然とは不思議なもんで

 

自然と人間を癒してくれます。

 

同じ時間なのになぜかゆっくりと感じる

 

それがスローライフ

田舎暮らしも悪くない。

 

そんな千早赤阪村は今日ものーんびりしてます。

 

f:id:shallowocean:20170620090116j:image 

一生に残るDiving in Thailand.

私の人生の中で「学生」という言葉も終わりました。

 

そんなことで卒業旅行も兼ねて、母国のタイへ行ってまいりました。

 

場所はタイのカオラック🇹🇭

プーケットから車で2時間くらい)

 

何をしに行ったかって…

 

もちろん、ダイビングです!

 

なんと!あの有名な

Big Blueのクルーズダイビング ハレルヤ号 4泊4日ツアーに参加してきました!

bigbluediving.jp

 

 

一言では表せない体験でした。

 

何がそんな幸せだったのかって

f:id:shallowocean:20170316233103j:plain

 起きれば、大好きな海が目の前に広がってること

 

f:id:shallowocean:20170316233551j:plain

非日常の景色を海の中で見れること

 

f:id:shallowocean:20170316233950j:plain

間近に海の生き物たちに会えること

 

f:id:shallowocean:20170316234242j:plain

自然は広くて、自分の小ささに気づいたこと

 

f:id:shallowocean:20170317000253j:plain

海の上にはたくさんの仲間がいること

 

f:id:shallowocean:20170317001116j:plain

こんなに美しい景色を目に焼き付けれたこと

 

とりあえず幸せでした。

自分にとって…

f:id:shallowocean:20170328145044j:plain

「ダイビング」

それは私にとって非日常が体験できることだと思います。

通常、人間は海の中で生活する生き物ではありません。

でもダイビングはその不可能を可能にします。

海の中に潜り自然をそのまま肌で感じ、聞こえるのは酸素ボンベの音だけ

それがダイビングの魅力。

 

f:id:shallowocean:20170328150230j:plain

「タイ」

それは本当に自分にとって"Another Sky" です。

小さい頃はタイと日本のハーフなんてどーも思ってなかったです。

でもここ最近、タイ好きの人たちに会って

タイの良さを嬉しそうに伝えてくれるのをみて

「タイの血が自分の中にも流れててよかったな」と思っています。
 

この旅で自分にとって「シンプルなこと」が幸せだなと感じました。

 

幸せは「する」ものでもなく

「してもらう」ものでもなく

幸せは「感じる」もの。

 

と私は考えています。

 

f:id:shallowocean:20170328150923j:plain

あなたにとって幸せってどんな時に感じますか? 

人の相性は一瞬。

どーも!

寒い中なんとか生きてる浅井海です。

 

ここ最近なんやかんや月に一回は遠出して、楽しんでます。

 

そして今月は弾丸で2泊3日沖縄に行きました!

それはそれは楽しかった!

 

メンバーは 

f:id:shallowocean:20170221000238j:plain

原部 夏海 通称ナツ(22)茨城県出身 看護師

とりあえず一生テンション高い、元気ハツラツ、口癖は「へたはみどり」 

 

f:id:shallowocean:20170221000504j:plain

藤本 夏希 通称なっちゃん(22)大阪出身 大学生

すぐ感きわまる、なんでもなりきるのが得意、口癖は「チョンピー」

 

f:id:shallowocean:20170221005100j:plain

浅井 海(21)大阪出身 大学生

急にわけわからん歌を作る、騒ぎまくる、口癖「Listen the sound」

 

 ということで、このおてんば娘3人で行ってきました。

ちなみに、ナツとなっちゃんは今回に旅行で初対面笑

 

まぁ、何で弾丸で沖縄に行くことになったかというと…

 

まず、1月東京に行ったとき

ナツ:「来月沖縄行くの!」

Umi:「何しに行くん?」

ナツ:「1人でダイビングしに行くの!」

Umi:「1人!?え!それUmiも行ってええ?」

ナツ:「え!行こうよ!!!」

Umi:「はい決定!」

 

てな感じで沖縄に行くことになって…

せっかく沖縄行くし、和樹さん(大学の学園祭に出演してくれた沖縄のアーティスト)に連絡したら…

Umi:「和樹さん、お久しぶりです。急なんですけど来週沖縄行きます!」

和樹さん:「ハイサーイ!マジかー!!Umi今年卒業だよね?」

Umi:「はいそうです!」

和樹さん:「じゃあ卒業LIVEやってあげる!」

Umi:「最高じゃないですか。」

 

とそんな話を聞きつけたなっちゃんは2日前に

「うちも沖縄行くわ!和樹さんのLIVE見に行きたいし!」

 

となって、ナツに「カクガクシカジカでなっちゃんも行っていい?」って聞くと

あっさり「いいよー!!!!」

 

で結論、Umi、ナツ、なっちゃんの3人で沖縄に行くことになりました!

 

3人ともダイビングのライセンス持ってるということで…

f:id:shallowocean:20170221003935j:plain

古宇利島でダイビングをして

f:id:shallowocean:20170221001513j:plain

海の上でも

f:id:shallowocean:20170221001527j:plain

海の中でも

はっちゃけました!!!

 

f:id:shallowocean:20170221001840j:plain

もちろん、和樹さんの卒業LIVEは感動、号泣、笑顔で終わりました!

 

 

とりあえず、写真を撮るのが好きなおてんば娘たち

アホほど写真を撮って→最後に自己満する。この繰り返し笑

f:id:shallowocean:20170221002533j:plain

f:id:shallowocean:20170221002553j:plain

f:id:shallowocean:20170221002609j:plain

f:id:shallowocean:20170221003434j:plain

なっちゃんとナツは初対面なのに

最後には波長が合いすぎて、恋愛相談までしてた笑

 

人と人が繋がるとき、きっと時間なんて関係ない

 

 

本当にこのおてんば娘たちの

f:id:shallowocean:20170221001459j:plain

出逢いに感謝してます。

 

 旅に行く前よりもたくさんの出逢いを

持ち帰るのが最高のお土産。

 

THE・END

 

 

 

 

今の時代、世界は近くなったのだ。

あ!

あけましておめでとうございます!

2017年もゆる〜く更新していこうと思います。

はい、そんなUmiです。

 

いや〜、それしても最近寒いですね〜。

南国生まれの私がこの日本国にきて早15年経ちますが

未だに日本の寒さには慣れません。

 

f:id:shallowocean:20170110223506j:plain

 (ちなみにプーケットにいた時の痩せてたパパとハゲのUmi)

 

とにかく毎日夏が恋しいです。

早く夏来ないかな〜、朝目覚めたら夏になってなかな〜。

とか呑気なことばかり考えているものです。

そんなことありえへんやろ。

 

 

 

でもね、

 

夏は来ないかもしれないけど、夏に会いには行ける!

 

今すぐ

 

肩のこるダウン、よーわからんヒートテック

静電気で困るタイツだって、ぜ〜んぶ脱ぎ捨てて

「あぁ、さむっ!」とか言わんでいいとこに行けばいい!

 

f:id:shallowocean:20170110223620j:plain

そうだ!日本国を抜け出せばいいんだ!

 

朝目覚めて

眩しいくらいの太陽、焼けた肌に、ビキニを着て、ビーサンを履いて

サングラスをして、ビーチでまったりしながら

 

f:id:shallowocean:20170110223914j:plain

(にしてもグアムの時タイミング悪く、浅瀬やったな〜)

 

「いつもこんくらい、ゆっくりできたらいいのに。」

と呟く。

 

 

最高じゃないか。

 f:id:shallowocean:20170110234703j:plain

(そりゃこんな笑顔なるわな笑)

 

今の時代、昔と比べれば

 

だいぶ世界は近くなったと思う。

 

f:id:shallowocean:20170110225446j:plain

 

日本で使う1万円と海外で使う1万円は、同じ1万円でも気分が違う。

せっかくなら、思い出深い使い方しましょ!

 

LCCさんでバカ安い航空券は買えるし、いろんな情報だってGoogleさんにある。

1人だって大丈夫!今流行りの現地で仲間を作ることだってできる!

 

素晴らしい時代だ。

 

且つ、日本人というメリットがある。

日本国の魔法のパスポートはほぼどこでも行ける!

なのに

 

日本国のパスポート所持率はたったの20%!?

 

なんじゃらほい!?

勿体無い、もったいなすぎる!

"フェラーリ買ったのに、免許持ってない。"

ってくらいもったいなすぎる!

 

「島国だからこそ、外の国を見に行こうぜ!」

 

というUmiのふと思ったことでした。

 

世界は広いです。

 

せっかくこの地球に生まれたんだからいろんなものを目に焼き付けておこう。

 

f:id:shallowocean:20170110234357j:plain

よかったらinsatagramもやってますのでフォローしてください☺︎

www.instagram.com

www.instagram.com

 

 

クリスマスプレゼントがステキな意味✨

そう、今日は皆さんご存知のクリスマスイブ🎄

きっと今日はみんなそれぞれのクリスマスを過ごすのだろう。

ディナーに行ったり、イルミネーションを見たり

家でまったりしたり、プレゼントを交換したり

やっぱりクリスマスってなんか特別で、素敵な1日。

 

そんな中プレゼントって私は1番素敵だと思う。

何か豪華な物がもらえるから?

自分が欲しい物がもらえるから?

違う

相手を想う気持ちが形になるから。

あるいは形じゃないかもしれないけど

 

プレゼントを選ぶ時

きっと相手の喜んでいる顔を思い浮かべて選ぶだろう。

きっとたくさん迷った中から選んだんだろう。

きっと色んなお店に回ったりして探したんだろう。

きっと日頃の会話にあなたのプレゼントのヒントが隠れてなかったか探すだろう。

気がつけばその人の頭の中はあなたでいっぱいだろう。

その時間が何よりもステキ。

求めていた物じゃなくても、あなたのことを想ってくれたことが1番のプレゼント。

 

だから今日あなたが手にしてるプレゼントは、隣にいる人の愛情なのです。

その愛情はきっとどんな高価なものでも超えられないでしょう。

 

 

So Merry Christmas everyone...

素敵なクリスマスを。

 

#Umiのつぶやき

無限大

 

秋ですね…

いい季節ですね

学園祭ですね…

 

あ、そういえば10月22日23日に岸辺祭がありまして

無事『最高』という2文字で終わりました☺︎

f:id:shallowocean:20161117140930j:plain

自分たちでオリジナルTシャツ作ったり-VARIATION-

f:id:shallowocean:20161117141211j:plain

初めて人前で歌って声裏返ったり

f:id:shallowocean:20161117141236j:plain

妹(浅井 波)が学院のミスコンに選ばれたり

f:id:shallowocean:20161117141251j:plain

このチームでこの日までに何回ぶつかり合って、話し合ったり、考えたりしたことか

f:id:shallowocean:20161117141335j:plain

イキってDJっぽく、音響したり

f:id:shallowocean:20161117141355j:plain

2000人の前で司会したり

f:id:shallowocean:20161117141342j:plain

沖縄で出会ったシンガソングライターの「森島和樹」を後夜祭に呼び寄せたり

f:id:shallowocean:20161117141330j:plain

感動しすぎて、代表2人とも号泣。

 

 

と色々ありました。

一言、言うと20代で最高の出来事でした。

 

後夜祭のLIVEを見ている時、この目の前にいる一人一人をこの場所に

呼んでくるのがどれだけ難しいことか思い知りました。

 

人を動かすって本当に難しい。

f:id:shallowocean:20161117142627j:plain

でもこれだけもの学生が集まってくれました!

 

1+1=2だけど

人と人は無限大だから

 

岸辺祭へご来場してくださった皆様、本当にありがとうございました。

みんながいたから、成功できました。

岸辺祭実行委員会 浅井 海